通院メモメモ((φ(・ω・*) 

大雪、吹雪に見舞われた北の空でした。
中心部計測値では77cm、平年より4倍もの降雪になっているそうです。
道路脇の雪山は高く、車線が少なくなっています。
毎年あることだけど、慣れるまで疲れます(;´・ω・)

■整形外科
右膝の骨頭壊死が左股関節の壊死より痛みが強くでている。
案の定、右膝は服の上からでも腫れているのが分かったみたい。
朝は関節の可動域が狭く、プレドニントラムセット
ロキソニンorボルタレンが効いてくるまで「亀」状態だという事を話す。
そして再三、気をつけてと言われていたけど、今朝もまたつまずき
危うく転倒するとこだったと。

いつものように右膝穿刺後(40CC)、関節内注射(スベニール・デカドロン)
両肩にトリガーポイント注射(ネオビタカイン・ロカイン)
皮下筋肉注射エルシトニン(骨を作る注射)の3点セットは変わらず。

****************************
以下、生々しいメモが続くので、読んでて下さる方がいればあしからず
****************************

傷口はと言うと、診るなり「うーん」と言うため息。
静かだなと思ってたら、看護師さんに体を抑えられる。
母も何も言わず、私の横に立った。
したらもう、痛いのなんの冷や汗が出て、母の手を握り締めてた(笑)
きっと看護師さんに抑えられてなかったら、主治医を蹴り飛ばしていたかも。
傷口の壊死した皮膚をえぐり取って…鮮血が湧き出てきたらしい(母・談)
処置が終わり、説明をぼんやり聞くと…
壊死した皮膚と血を出さないことには新しい皮膚の再生が遅れるとか。
消毒をして、またハイドロサイトプラスで密封。
次回1月4日、その間は母が消毒処置をする。

何はともあれ、今年もお世話になりました~ヽ(´▽`)/

そして今日は相手方が費用の精算と傷口の様子を聞きに来た日。
まるで他人事のように話す態度が…。
辛いなぁ………